PAGE TOP

背景色

文字サイズ

伴走支援

チームわくわくとは?

チームわくわくとは?

そもそも「わくわく」という名称は、「わくわく地方生活実現政策パッケージ」という国の地方創生を推進していくための政策名からきています。

しかし、私たちチームは、採択者のみなさまが、初めての起業体験の中で大変なこともありながら、でも「わくわく」が根底にある起業生活を過ごしていただけるよう、補助金の受給の手続きから、事業の運営まで、さまざまな側面でお役に立ちたいと願っています。

ニュースレター

採択者のみなさんの事業の進捗を共有したり、チームわくわくからのお知らせをお伝えしたり、というツールの1つとして「wakuwakuだより」を毎月発行しています(年度末のみ2・3月合併号として発行させていただきました)。補助金の採択者として始まった「つながり」かもしれませんが、県内の地域課題を解決する起業家の「つながり」として、お互いを励まし合ったり、協力し合ったりできる仲間になっていければいいなという願いを込めて、毎回発行しています。どうぞよろしくお願いいたします。

個別相談

「チームわくわく」メンバーは、採択者さんを1~2ヵ月に1度、訪問しています。補助事業の進捗をお伺いしたり、必要な手続きについてのアドバイスをさせていただいている他、経理のこと、申告のこと、会社設立のこと、ホームページのことなど、起業にまつわる不安なことについて何でもご相談にお応えしています。起業家のみなさまに伴走をしているイメージで対応させていただいています。
採択者でなくても、次年度の補助金の受給に関するご相談や、地域の課題を解決する事業についての相談など、お電話でも、ビデオ通話でも、ご来訪でも、お受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。お申し込みは、こちらのフォームからどうぞ。

個別相談

〜伴走者からのメッセージ〜

和歌山県は起業家には面白いところです。チャレンジングでヨコ展開可能な課題がたくさんあるからです。美しい海山川や温泉、豊かな食材、古から霊場として人々を魅了してきた地域の個性にもリニューアルが必要かもしれません。最近では、日本初の民間ロケット発射場建設等は大きなビジネスチャンスです。地域の課題をポテンシャルに変えるあなたのリードを、全方位から応援します。

[略歴]中小企業診断士。大卒後、東京・ロンドンで編集者として活動後、メガバンクにて為替取引に従事。帰国後に㈱きのくに未来ビジネスセンターを承継し、県内初の創業スクール(中企庁事業)受託する等、創業や中小企業経営の支援継続中。

わかやま地域課題解決型起業支援事業マネージャー 岡 京子

お問い合わせ

公益財団法人わかやま産業振興財団 わかやま地域課題解決型起業支援事業
TEL 073-432-3220
FAX 073-432-3314

メールでのお問い合わせ・お申し込み