PAGE TOP

背景色

文字サイズ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. セミナー・講座
  4. 「納期遅れをワンチームで防げ!生産管理者と工程リーダーに必要な知識と役割」研修のご案内

「納期遅れをワンチームで防げ!生産管理者と工程リーダーに必要な知識と役割」研修のご案内

納期遅れは納入先に多大な迷惑をかけるだけでなく自社の生産性を悪くする要因でもあります。受注後も度重なる納期変更や注文量の変動でお困りではありませんか。7月は納期管理のあり方を演習と事例紹介を交えて学んでいただきます。任意の持参資料(週間と日々の生産計画表)を見て優れている点や改善点を探るのが特色です。本研修で、皆さんの会社の実情に沿った生産管理の方法を見つけましょう!

研修内容

開 催 日 時 内    容

1日目

7月13日(月)

13:00~17:00

  • 徹底解説!納期管理とは?
    「納期管理とはなにをすることなのかについて、初心者の方にもわかりやすく解説します。
  • 演習(生産計画の作り方を学ぶ)
    「週間の生産計画」「3日間の小日程計画」を皆さんに立案していただき、工数計画の重要性を理解していただきます。講師の案内で進めますので、初めての方もご安心ください。
  • 自社の課題分析
    本日の講義内容を通して、自社の課題が何なのか、見つめなおしてみましょう。

2日目

7月20日(月)

13:00~17:00
  • 手配管理の重要性と管理手法(カムアップシステム)
    外部調達品(購買品・外注品)および金型やジグの遅れ、人の手配不足が発生していませんか? カムアップシステムをご存じですか? 活用していますか? 運用方法を紹介します。
  • 納期管理の肝は進捗管理(進度管理・余力管理・現品管理「仕掛品」・遅れ管理)です
    余力管理をご存じですか? 実施度はどうですか? 進度管理と余力管理について説明し、社内納期の設定、進度パトロールの時刻、確認事項などを紹介します。
  • 自社の生産管理分析
    受講者の皆様に任意で週間と日々の生産計画表を持参していただき、他社の計画表と比較する中で、自社の優れている点や、改善点を探っていただきます。

     ※感染症予防の観点から、研修内容の変更を行う場合があります。

3日目

7月27日(月)

13:00~17:00
  • 進捗管理の続き(現品管理・遅れ管理)
    3日目は現品管理と遅れ管理について説明します。特に「遅延日報」の目的・様式(フォーマット)・運用方法・遅延原因・遅延対策を詳しく紹介します。。
  • 納期管理と自分の役割
    納期管理における生産管理者と工程リーダーの役割を説明します。
  • 自社の納期管理分析と対策検討(グループで実施)
    グループ内で自社の実態、課題、対処方法について自由討論していただきます。

     ※感染症予防の観点から、研修内容の変更を行う場合があります。

※新型コロナウイルス拡散予防の観点から、開催が延期、または中止となる場合があります。
※研修当日の検温にご協力いただき、必ずマスク着用でご出席ください。
※本研修は雇用調整助成金対象の研修となります。要件を満たす事業者は、助成を受けることができます。詳細はハローワークにご確認ください。

講師プロフィール

株式会社実践マネジメント研究所 代表取締役 植條 英典 氏

平成16年 実践マネジメント研究所を設立、平成28年 法人成り。中小企業から大企業を対象に、生産性の向上と管理者教育に関するコンサルティングに従事(35年間の実績あり)。中小企業大学校をはじめ全国各地の各種団体でセミナー講師を担当中。モットーは「常に企業は人なり」「改善に終わりなし」「ご安全に!」

対象者

製造現場の管理責任者、生産管理担当者、幹部候補生、生産管理部門の新規採用者

定 員

30名(先着順)

受講料

6,000円(1名につき。3日間の受講料、資料代を含む)

※(公財)わかやま産業振興財団賛助会員は、1名につき3,000円です。

申込方法

研修参加申込書にご記入のうえ、E-mailまたはFAXにてお申込みください。

申込締切

令和2年7月7日(火) ※定員に達した場合は、締切前であっても受付を終了する場合があります。

会 場

フォルテワジマ(和歌山市本町2丁目1)4階 小ホール

お問い合わせ

公益財団法人わかやま産業振興財団 テクノ振興部
TEL 073-432-5122
FAX 073-432-3314

メールでのお問い合わせ・お申し込み

一覧に戻る